2018年10月15日月曜日

ぴったりはまる  (インスタグラムのお知らせも)







きれいに入れ子になっている、かご。
兵庫県で作られていたもので、見事に5つ重ねて仕舞うことができます。 
ぴったりはまるのが楽しくて、ついつい重ねたり並べたりしてしまいます。
 
日用品なのに、ここまでの精緻さ。
名もなき職人さんの美意識が詰まっています。







里山はすっかり秋に覆われて、散歩が楽しい日々です。 
木こりをしている友人に分けていただいた木からは、とうとう椎茸が出現しました。



ところで、機械音痴の私もとうとうインスタグラムをはじめることになりまして。。。 
未だ投稿が億劫でなかなかアップできていませんが、よかったらのぞいてください。
当分はブログ・Facebookページと同内容であげていくつもりです。


がしかし、ツキヒホシのページはココですよ、ってお知らせするためのリンクをどうしたらいいのかわからず(笑)。

畑に通って、古道具を扱っているうちに、とうとう現代文明についていけなくなったようです。















2018年10月2日火曜日

ちょっとずつ違う





今日、フランク菜ッパさんのお店で見つけた、姫林檎。

あまりの可愛さに、衝動買い。

栗のお盆の上にならべて、にんまりしています。






こちらは、1920年頃につくられたブルーのガラス瓶。

色あいも、背の高さも、胴の大きさも、ちょっとずつ違います。

置いてあるだけで、可愛いです。







「きれいに並んでいるけれど、みんなちょっとずつ違う」

という図が好きなのです。