2018年6月4日月曜日

こもの、色々はいりました。






まるで秘密の花園のような、ご近所さんのお庭を愛でさせてもらう最近。

今の季節は植物のエネルギーが満ち溢れて、濃い緑に吸い込まれそうになります。 



大切に育てられた薔薇。
たくさんいただいたので、標本瓶に入れて飾りました。



古物と花は、いつだって仲良しです。 



畑作業に追われてブログの更新が滞っていますが、、、
ちいさくてかわいいものたちが色々と入荷しています。 



stock : 5  → SOLD OUT
 波うさぎの銅製茶托。


 stock : 14
 陶器の菓子型。箸置きにぴったりサイズです。



stock : 5 →  SOLD OUT 
 ちどりの豆皿。





そして今月の営業予定の発表が遅れまして、失礼いたしました。

<2018年6月の営業スケジュール> 11:00~15:30頃
6日、9日、11日、15日、17日、19日、23日、27日、29日


※時間・日程のご都合があわない方がいらっしゃいましたら、予約制オープンもいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。090-5889-1039  








2018年5月10日木曜日

揺らぐ硝子




午後、光が射す時間帯になるとハッとさせられる陰影。

繊細な揺らめきは、時の流れをゆったりと感じさせてくれます。




輪花のゼリー型は、ひとつひとつ微妙に異なる色合い。
ピンク系と、グリーン系が混在しています。
並べてみるとグラデーションが美しくて、うっとり。

昔のお菓子屋さんは、これでどんな味のお菓子を作っていたんだろうなあ。







畑では、スナップエンドウが収穫スタート。
ウスイエンドウもあと数日で始まりそうです。
自家製無農薬有機野菜を左京ワンダーランドのスタンプラリー景品にもできますので、良かったら事前にお問い合わせの上お越しくださいませ。




畑の花々を使って生花のミニブーケとドライフラワースワッグを作りましたので、すみれやさんに納品しております。
初夏の爽やかなブルーやピンクの花がたくさん。

手土産にもいかがでしょう。
お花って、プレゼントしてもらうととっても嬉しいですよね。  







2018年5月2日水曜日

タケノコ




ニョキニョキ、グググッ! 

タケノコの季節になりましたね。


大きなタケノコを入手したら、みなさんはどんな料理をされますか? 

この時期、このあたりでは蕗と山椒が採れるので、我家ではそれらとあわせて佃煮にします。 
もちろん、タケノコご飯や天ぷらも。





ツキヒホシの向かいにある「民宿 大原 辻」さんでも、5月の末ごろまでは宿泊された方に新鮮な筍料理を堪能していただけるそうです。

筍ご飯、酢みそ和え、筍の炊いたん、天ぷら・・・
お料理上手な奥さまの手料理をたまに差し入れいただくのですが、どこか懐かしい味にいつも嬉しくなります。 

6月になればツーンと刺激的な葉わさびのお料理、7〜8月は大原の名産・赤紫蘇ジュース。
季節ごとの郷土の味を楽しめます。 




そして、宿泊されたら是非楽しんでいただきたいのが、朝の散歩。 

しっとりした空気、山から立ち上る霧の美しさ、鳴き交わす鳥たちの声、子どもの頃に親しんだ雑草の花、早朝から畑仕事に精を出す人の姿。


きっと里山の良さを五感で満喫していただけると思います。








2018年4月27日金曜日

日曜日は岡崎ワンダーマーケット♪ 



一雨ごとに、緑が濃くなってゆきます。

春から夏への景色は変化が多くて、毎日が発見の連続。
昨日はつぼみだった花が咲き、田んぼには水が注がれ、カエルの声が響くようになりました。



さて、日曜日は楽しみにしている岡崎ワンダーマーケット♪
気になるあの店、完売前に買いに行きたい美味しいもの、楽しい太鼓パフォーマンス、、、楽しいあれこれがぎゅっと詰まったワンダーランドです! 



今年もドライフラワーのスワッグを用意しました。 

ほとんどが大原で育った植物ですが、組み合わせによってそれぞれ個性的な表情です。
お部屋にぴったりのものが見つかれば嬉しいです。

ミモザだけのドライフラワーもありますよ。

ちょうど良い咲き具合の木香薔薇も生花で持って行きます。
花屋じゃないのに、花がいっぱい(笑)



SOLD OUT

椅子もひとつ、張り替えが終わりました。

しっかりした良い造りの丸スツールを牛革で張り替えました。 
座面の木部は松で、脚部分は固い木を使ってあります。

久々の張り替え作業は、やはり楽しいです。 
見違えるように生まれかわった姿を眺めるのが至福のとき。
どこかのおうちで可愛がってもらえたらいいなあ。





ちなみに岡崎ワンダーマーケットの日、大原では大原女時代行列が練り歩きます。
こちらも晴天に恵まれて良い日になりそうです♪ 


<2018年5月の営業スケジュール> 11:00~15:30頃
1日、5日、6日、11日、12日、15日、18日、20日、23日、25日、26日、31日

※このような予定となっております。時間・日程のご都合があわない方がいらっしゃいましたら、予約制オープンもいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。090-5889-1039  











2018年4月18日水曜日

「工房 一心」さんの竹籠





お待たせしました。 
大分より、できたての竹籠が入荷しています。 


生活のなかで色んな使い方のできるかご達、愛おしく可愛い姿です。 

どんな使い方をしようか想像ふくらませながら眺めているだけで、楽しくなります。




今回、新しく屋号が決まり「工房 一心」さんと呼ばせていただくようになりました。 

一心さん、編み方やデザイン、使いやすさを研究しながら、ひとつひとつ丁寧に作ってくださっています。

13個入荷しましたが、早々にお嫁入りしていったかごもあるので、残数9個。

4月29日の岡崎ワンダーマーケットにも持って行きますので、どうぞ見にきてくださいね。
(昨年の岡崎ワンダーマーケットよりパワーアップして、今回120店舗の出店がありますよ〜!)




「こんなかごがあったらいいな」のお声や、「こんな風に使っています」というご報告をいただけたら嬉しいです。

一心さんにお伝えさせていただきます。 




<お知らせ>
4月20日〜5月31日の間、左京ワンダーランドの「星空スタンプラリー」が開催されます。加盟店5件でお買い物すると、5件目で景品がもらえる!という企画です。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

ツキヒホシの景品は、「ビー玉または畑からのお裾分け(有機・無農薬野菜)」です。
畑のお裾分けのほうをご希望の方は、できましたら事前にご連絡いただけると有り難いです。
畑が離れた場所にありますので、すぐにはご用意ができません。
また、季節的に野菜が無い時期もありますので、ご了解くださいませ。 






2018年4月11日水曜日

看板、新しくなりました



ツキヒホシの看板を新調しました。


りんごをかじって芯を残したような、ちょっと変わった形の古材を入手したので、店名を彫ってもらったのです。  


これは、天秤の重さの基準として使われた分銅の形。
江戸時代に職業として現れた両替商のトレードマークとなり、後に銀行の地図記号にもなりました。 


きっと両替商の看板を作るつもりで板材を加工したのだけれど、何らかの事情で使うことなく仕舞ってあった板材なのでしょう。 


本人はまさか古道具屋の看板になるとは思ってもみなかったことだろうと思いますが、せっかくの立派なケヤキ材の板。
ツキヒホシの新しい顔として頑張っていただきます。 





この重量感たっぷりの看板を支える鉄製フックを作ってくださったのは、Tetsucolaさん。

本職をもちながらも、鍛冶屋を継ぐ修行中、時にはブラジリアン太鼓(Ave Covo)を打ち鳴らし、本町エスコーラという共同体を運営したりと、いくつもの顔を持つエネルギッシュな方。


フックに加えて、この看板を出店時に持ち運んでつかうための鉄製スタンドも作ってくださいました。
そのデザインが秀逸で、惚れ惚れとしてしまいます。
看板がふわりと宙に浮きながらも、しっかりした安定感。

素敵なスタンドを作ってくださって、ありがとうございます。


いざという時に頼める「鍛冶屋」さんがいる。
とても嬉しいことです。 







2018年4月4日水曜日

ミモザ 



無数の小さなフワフワがあつまって。
見るからに幸福感たっぷりのミモザの花。


今年も、素敵なお庭のご近所さんより分けていただきました。



このフワフワを少しでも長く楽しませてもらうために、ただいま暗い部屋で吊るしてドライのブーケにしています。 





ミモザ球を作ってみたら、なんだか「新酒ができました!」の杉玉みたいです。。。


さてさて。
今年もやってくる、左京ワンダーランドの岡崎ワンダーマーケット
2018年4月29日、岡崎公園にて120店舗があつまります。
ツキヒホシも、ワクワクをいっぱい詰め込んで出店いたしますよ♪♪

ミモザのドライフラワーも持って行きますね。

そのほか、前回大好評いただいたあの品たちも、、、間に合うように送っていただく予定ですので、かご好きの方はぜひお見逃しなく♪ 
無事に届いたら、このブログでお知らせいたします。