2018年11月21日水曜日

週末のお知らせ





山裾から立ち上る霧が、ゆらゆらと移動していく様は「小野霞」とよばれています。

先日の朝は今まで見たことないほどに濃い霧が出て、そこに朝陽が差し込んで神々しい美しさでした。

家人を呼びにいったら、その隙に霧は移動して朝陽も隠れてしまい、幻影だったのかと思うほどに様変わりしていました。 

毎日がドラマチックな景色に包まれています。



ツキヒホシ店舗の前にある立派なモミジは、すでに葉を落としていますが、
店舗の横にある大きなモミジは、まだ色が変わり始めたばかり。
きっと週末に予定している2つのイベントの頃には、ちょうど見頃になってくれるかもしれません。


24日(土曜)は、あかつき写房の撮影会&Day Dripper's Coffeeの出店


25日(日曜)&26日(月曜)は、Lump&MILIS CRANN の展示会「香と装身具


いずれのイベントも、「ぜひこの気持ちいい場所で」とお声がけいただいて実現しました。

日々変わりゆく秋の季節を五感でたっぷり味わって、リフレッシュしていただけることと思います。

ぜひいらしてくださいませ。

それぞれのイベントの詳細は、リンク先をご覧ください。 















2018年11月16日金曜日

実る秋



紅葉がまさにピークシーズンの大原!

今年は天候が穏やかで寒さも厳しくないせいか、紅葉の変化をゆっくり楽しませてもらっています。

散り始めたところと、これから紅葉するところが混在しているので、まだ1週間ほどは見頃が続きそう。




ツキヒホシの店舗は、紫式部、野薔薇、ガマズミ、ヒヨドリジョウゴ、ツルウメモドキ、、、かわいい秋の実がいっぱいです。 



そして、今年も南天球を作り始めました。
写真は、右が野薔薇、左が南天です。(オオカミの影も写っていますが、それはKIYATAさんの作品。とっても可愛いのです。)


ヒンメリ と組み合わせたオーナメントも作成中です。 
クリスマスの飾りにも、いかがでしょう。
野薔薇の枝は、大ぶりな美しいものが入手できたので、お安く販売もしていますよ。















2018年11月10日土曜日

秋の散歩はゆるゆると


ちょっとそこまで、、、のつもりだったのに。


どこもかしこも、神々しいまでの秋の景色。




魅惑的な小道も素通りできず、つい長い散歩になってしまいました。 








ひろった柿の葉ひとひら、李朝白磁高台に。 

豆腐のうえには、紫蘇の実醤油漬とカードチリ を。

鮮やかな秋の色が、夏の名残を引き立ててくれました。





大原の紅葉、見頃がスタートしています。 









2018年10月30日火曜日

秋を見つけに、いらっしゃい




秋の空に、トンビがくるり。





たわわに実ったマユミも、こぼれおちんばかり。 




ピンクと白のコスモスを店の前に飾ったら、あかつき写房の本田さんがふんわりと撮ってくださいました。 




秋の大原は、毎日が最高に気持ち良い空気に包まれています。

空も、草花も、食べ物も、、、日々移りゆく季節感に満ちて、刺激的。

景色を眺めるだけで、深呼吸するだけで、心身がリセットされたような気持ちになります。

ぜひゆっくりと遊びにいらしてください。 




<2018年11月の営業スケジュール> 11:00~15:30頃


3日、7日、9日、10日、15日、17日、20日、2425日、26、28日、30日


※24日は、10月にも開催された「あかつき写房の撮影会&Day Dripper's Coffeeの出店」を予定しています。

※25~26日は、Lump&MILIS CRANN の展示会「香と装身具」を予定しています。






2018年10月23日火曜日

ヒンメリと植物、時々クリスタル



山の上では、そろそろ紅葉もはじまっていました。

今年は少し早めに色づき始めている気がします。





1年ほど前のこと、素敵なひとにヒンメリの作り方を教えてもらいました。 

麦の茎と紐だけで、こんなに面白い造形が生み出されるんですね。
刻々と姿の変わる影のゆらめきを見ていると、時の流れもゆったりするような気持ちになるから不思議です。

もっとヒンメリを作りたくなって、昨秋は畑にライ麦を蒔きました。
冬にはちょっとドキドキしながらまだ小さな麦の芽を踏み、
初夏には風にそよぐ青々とした姿にうっとり。 
そしてようやく今、コツコツとヒンメリ作りを再開しています。 




身の回りにある秋の実も一緒に吊るすと、自然の造形美がいっぱい詰まった飾りに仕上がりました。 

インドからお土産にもらったクリスタルを組み合わせても、よく馴染んでくれます。 



子どもは砂でも枝でも、なんでも遊びに変えてしまうけれど、
大人だって、植物と石だけでこんなに遊べる。

自然と戯れるって、楽しくてたまらないです。





いよいよ今週末の日曜日に迫ってきました、糺の森ワンダーランドにも少し持って行きますね♪










2018年10月15日月曜日

ぴったりはまる  (インスタグラムのお知らせも)







きれいに入れ子になっている、かご。 SOLD OUT
兵庫県で作られていたもので、見事に5つ重ねて仕舞うことができます。 
ぴったりはまるのが楽しくて、ついつい重ねたり並べたりしてしまいます。
 
日用品なのに、ここまでの精緻さ。
名もなき職人さんの美意識が詰まっています。







里山はすっかり秋に覆われて、散歩が楽しい日々です。 
木こりをしている友人に分けていただいた木からは、とうとう椎茸が出現しました。



ところで、機械音痴の私もとうとうインスタグラムをはじめることになりまして。。。 
未だ投稿が億劫でなかなかアップできていませんが、よかったらのぞいてください。
当分はブログ・Facebookページと同内容であげていくつもりです。


がしかし、ツキヒホシのページはココですよ、ってお知らせするためのリンクをどうしたらいいのかわからず(笑)。

畑に通って、古道具を扱っているうちに、とうとう現代文明についていけなくなったようです。















2018年10月2日火曜日

ちょっとずつ違う





今日、フランク菜ッパさんのお店で見つけた、姫林檎。

あまりの可愛さに、衝動買い。

栗のお盆(SOLD OUT)の上にならべて、にんまりしています。






こちらは、1920年頃につくられたブルーのガラス瓶。

色あいも、背の高さも、胴の大きさも、ちょっとずつ違います。

置いてあるだけで、可愛いです。







「きれいに並んでいるけれど、みんなちょっとずつ違う」

という図が好きなのです。